shoes

Posted on 2014/4/9

高田喜佐さんの「キサ・スポーツ」が復活!


−−期間限定ショップも続々

 靴デザイナー、故高田喜佐さんの「キサ・スポーツ」が、この春夏物で復活。期間限定ショップも続々、立ち上がっている。
 高田喜佐さんは、日本の靴デザイナーの草分け。生涯、靴のファンタジーを追い求め、自由な発想で夢のあるカジュアルな靴を創り続けた。代表作は、マニッシュシューズとズック、それに草履サンダルだ。
 ズックは、木綿などの布のアッパーに、ゴム底を付けた、いわゆる運動靴。素足が好きだった高田喜佐さんは、素足感覚の靴としてズックに愛着を持っており、革靴よりも手軽、かつ日常的に履ける靴として、高田喜佐流ズックの商品化を思い立った。
 それが1976年、月星化成(現(株)ムーンスター)とのライセンス契約によって誕生した「キサ・スポーツ」だ。
 月星化成(株)は、運動靴本来の製法である加硫製法(バルカナイズ製法)によって製品化し、系列の販売会社を使い、全国の売場に届けた。その結果、多くの「キサ・スポーツ」ファンが誕生した。
 高田喜佐さんが他界された後、「キサ」ブランドの製造販売は中止されたが、「キサ・スポーツ」は継続され、高田喜佐ファンに愛され続けていた。
 ところが2012年、ライセンス契約が切れたことで製造が中止され、「キサ・スポーツ」、すなわち唯一残った高田喜佐の靴が、売場から消えてしまった。
 それが、復活したのだ。
 実現させたのは、静岡のサンダル&靴メーカー(株)ダイマツ。同社の種本裕一社長は、靴デザイナー高田喜佐のファンであり、「キサ・スポーツ」というブランドの価値を認識していた。そこで「こういうブランドを市場から消してはならない」と奔走し、商標権を保有する(株)キサを継承した高田邦雄氏との間でライセンス契約を締結。製造元ダイマツ、発売元は系列のトランソニック(株)とし、復活させたのだ。
 これを喜んだのは、「キサ・スポーツ」を長年、大事に扱ってきた販売店だけではなかった。高田喜佐さんと交友のあったファッション&アート界の方たちも反応した。4月に入って、こういう方々ゆかりのスペースで期間限定ショップが立ち上げっている。
 4月1日から末日までは、東京・西麻布の「ショップMITATE」。ここは、高田喜佐さん他界後にまもなく追悼展を開いたギャラリー・ルベインに連動したギャラリー・ショップだ。
 続いて10〜15日は、イラストレーター大橋歩さんのイオグラフィックのイオギャラリー(東京・目黒)。大橋歩さんは、高田喜佐さんと多摩美術大学の同級生であり、お二人がそれぞれの分野でデビューする直前の一時期、オフィスをシェアしたことのある間柄だ。「KISSA SPORTの靴展」として展示販売を行う。
 この他、百貨店も取り上げており、皮切りは池袋東武。その後も、有名百貨店が期間限定ショップを予定している。
 商品ラインナップは、復活第一弾は、人気の定番モデルが中心だが、秋冬に向けて、高田喜佐さんらしい新デザインを加えていく計画だ。
 「キサ・スポーツ」が履き続けられると、誰よりも喜んでいる喜佐ファン、“乞う、ご期待”だ。
 また、今月6日から女子美アートミュージアムで「高田喜佐 ザ・シューズ展」も、開催されている。

http://obring.jp/?p=3197

●期間限定ショップ
・4月1〜30日=ショップMITATE
東京都港区西麻布3-16-18 TEL03-3479-3842
http://www.mitate.com
・4月10〜15日=イオギャラリー
東京都目黒区東ヶ丘2-11-15-102 TEL03-5779-7389
http://www.iog.co.jp/contents.html
●商品に関する問い合わせ=トランソニックTEL03-6721-5520